2012年10月18日

釣書(身上書)の書き方テンプレートのダウンロードWordで釣書のテンプレートを作成しました(A5、B5版)

Wordで釣書のテンプレートを作成しました(A5、B5版)

Wordで釣書のテンプレートを作成してみました。

Word2003で作成しています。

A5版とB5版を作ってみました。

釣書(身上書)テンプレート(Word2003) A5版
釣書(身上書)テンプレート(Word2003) B5版

ダウンロードしてご自由に使っていただければ幸いです。
(ただし、再配布はご遠慮下さい。
 個人が自分の釣書として使う分には問題ありません)
 
それと、もしダウンロードしてくださったら
一言でもダウンロードしたよ!
とコメント頂けると、これからもblogを運営するモチベーションにつながるので(笑)
よろしくお願い致します。
posted by ぷりん at 21:06 | Comment(6) | テンプレートのダウンロード

2006年08月28日

釣書(身上書)の書き方釣書・お見合い記事関連サイト会員4万人の結婚相談所体験談、実際に結婚してみて

会員4万人の結婚相談所体験談、実際に結婚してみて

結婚相談所といえば、会員数が4万人、平成の結婚した人数が8万6千人のオーネットを一番最初にまず思い浮かべますが
(電車のつり革などでよくみます)
くまさんのサイトで実際にオーネットに行った体験談が語られていました。

友達の付き添いで結婚相談所に行かれたそうで、
オーネットにいくと若いお姉さんが担当になり、
本人同士の自主性にまかせて行なうというスタンスが基本のようです。

●チェックシートの記入

オーネットへ行くと自分が希望する結婚相手の条件をチェックシートに記入をし、
「タバコを吸う人はOKか?」
とか
「希望年収はいくらぐらいがよいか?」
などを入力をし、
そのチェックシートを元に、数分後には
「貴女に合う男性(女性)はオーネットで全国に●●人います」
と具体的な数値がでてくるそうです。

そして条件に合ったものを、コンピュータの方で選び、
月に数人紹介するという形のようです。

この時に、相手のほうも希望があるでしょうから
コンピュータで選んだ人と全員と会えるわけではなく、
お互いの条件に会った人があえるのでしょうね。

そしてインターネットで相手からエントリーがあったり、
自分でエントリーしたり、オーネット主催のお見合いパーティがあったり
お見合い相手との待ち合わせなども行なわれるようです。

●何故ウケがよいのか

オーネットのような、結婚相談所は
今の若い人に受け入れられやすいパソコンや携帯電話を使ったシステムが人気で
相談所の事務所に足を運ばず、自宅でネットでやり取りできるところにあるのでしょう。

特に男性は、機械的なものを好みますし
会員数が業界ナンバーワンということは、選べる数も当然一番多いわけですから
オーネットのような相談所がウケが良いのでしょうね。

●結婚シミュレートをしてみる

実際のオーネットの結婚相談所にいかなくても、ネット上で無料で結婚シミュレートというのができるようです。

オーネットのページにありましたが、ネット上で無料でパートナーをシミュレートできるものがありまして、
結婚チャンステストのシミュレート画面を実際に見てみたのですが、
入力項目も適度で質問もとても答えやすいですね。

男性か女性かを選択した後、
質問が、三択形式で、出てきます。

例えば
あなたの性格は?→「積極派」か、「消極派」か、「どちらでもない」とか、
買い物をする時は?→「即断、即決する」、「慎重に選ぶ」、「多少考える」、とか
アフター5は?→「まっすぐ帰る」「グルメや買い物、習い事など」「残業が多い」とか
相手に優先するのは?→「価値観」「人柄」「ルックス」とか

基本は三択の選択肢でそれを15個選ぶだけで、3分もあれば終わるので
ゲーム感覚でもできました。

●o-netの結婚実績を調べてみた(2009年実績)

o-netの結婚実績を見たところ、以下のようになっていました。

・在籍会員数
会員数42,277名(男性 18,788名 女性 23,489名)

・2009年入会実績
入会者数 22,502名(男性 13,061名 女性 9,441名)

・成婚して退会した数
-2009年成婚退会者数 4,012名 2,006組 2009年1〜12月実績
-平成の成婚退会者数 86,142名 43,071組 1989〜2009年実績

・イベント開催数 参加人数
-開催数  2,375回 2009年1〜12月・全国合計実績
-参加人数 33,000名 2009年1〜12月・全国合計参加者のべ数実績


●結婚をしてみて

この「釣書の書き方」にたどり着いた方は、
見合いを自分からしたいから、釣書の書き方を調べようという方もいれば
親や知り合いから無理矢理見合い話を持ってこられ、仕方なく釣書を書こう
結婚にあまり積極的でないという方もいらっしゃると思います。

結婚の価値観は人それぞれですよね。

私自身は、結婚をしていて、子供もいますが、
やっぱり結婚って良いものだと感じます。

誰か一緒にいてくれるというのが、何より安心ですし、
毎日子供の顔を見ると、何をしているときよりも幸せを感じるもので、心が温かくなります。

人にも優しく接しられるし、心にゆとりができます。

もちろん、結婚すると、新たに苦労する面もあると思います。
男性は養っていかなければいけないから金銭的なことを考えなければいけませんし
女性は、子育てもあります。

しかし、そういうことも含めて、結婚して家族を持つのって幸せだと思うのですよね。

家族を持って、恋人と話し合って、一緒に人生を歩むようになると
苦労も苦労と感じず、頑張りがいがありますし
自分が何か困ったときの心のよりどころが常にあるので
精神的にゆとりある生活が送れます。


●結婚は待っているだけじゃ、できない

しかし、結婚ってしたいと思っても、なかなかできるものではないですよね。

経験から言えるのですけれど、「待っていても結婚ってできない」
そう、私は思います。
私の周りには結婚していない結構いるのですが、
待っているタイプがほとんどなんです。

いつか、自分にとっていい人が現れるはず、
そう思っていたのですが、これって自分にとって都合の良い考え方ですよね。

自分がよっぽど魅力的な人間であれば、異性からアプローチはあるのかもしれません。

それと環境にもよりますよね。
職場などに異性がいない、とか。

職場で、日々の仕事に追われていて、
いつか結婚ができる、いつか良い人が現れると思っていても、
それは自分にとって都合のよい考え方で、結婚できないと思います。

自分を知ってもらうには、何か異性と知り合うアプローチを自分からする必要がありますし、
異性との接点を自分から作る必要があります。

知り合う機会がなければ、結婚はできないですから。

そして、知り合った後、結婚をするには、自分が「相手にとって何かメリットを与えられる存在」であり、
好きでいてもらえる必要がありますよね。

自分のプロフィールを入力することで、相手の条件をマッチできるというのは
相手へのメリットを、相手が検索して選ぶというものですから、考えてみるとよくできたシステムです。

結婚はしたい、しかし職場に出会いがないという方には
知り合う機会を作り、相手へのメリットをアプローチできる
オーネットのようなところを利用するのもありではないかと思います。

尚、上記のページの結婚シミュレーションは無料ですし、
サイトにも明記されていますが、入会の申し込みではありません。

あくまでシミュレーションですので、申し込んだ後の強引な勧誘とかもありませんので
その辺りは安心して利用できますね。

またシミュレーション入力画面は送信するときに
SSLで暗号化されていますので(ブラウザに鍵マークが出ているはずです)
送信時に外部に個人情報が漏れるということはないでしょう。
ネット上で何か入力するときは、信頼あるサイトかどうかというのは、
SSLがあるかどうかを見るのもポイントですね)

釣書(身上書)の書き方釣書・お見合い記事関連サイト親同士でお見合いをさせ、釣書を交換する現状

親同士でお見合いをさせ、釣書を交換する現状

占い桟道「遊歩道」さんのページで、「お見合い事情」という記事に
最近ではお見合いをする際に本人同士の前に
親同士のお見合いなるものがあるという話が書かれていました。

親同士のお見合い、これはパーティー形式で
沢山の、独身でお年頃のお子さんをもつ親同士が
釣書をもって参加するもので、
それで気に入った親御さんにその釣書を渡すのですが、

実はこの親同士のお見合いの話、TVのガイアの夜明けで
特集されていました。

まさに、上に書かれているような光景で
制限時間つきで、できるだけ多くの人と
釣書の交換をするパーティーという感じなのですが

さらに、釣り書きを持って帰った親と子供の会話も特集されていて
(確かそのときは、母親と息子)

母親が5人の女性の写真を見せて、
そのうち、この人はいいんじゃないかな?
と息子に言って、息子がうんとうなずいているシーンだったと思います。

結婚は、本人同士だけでなく、家族同士のつながりでありますから
親も当然関係はありますが、
客観的に、私は両親がちょっと過保護すぎかなと思ってしまいました。

しかし、別の立場から見れば、
つまり両親側から見れば、いい成人男性が未だに親元に暮らしているわけですから
早く身を固めて欲しいという気持ちがあるのでしょうから
気持ちはわかりますけれどね。

URL
http://blog.livedoor.jp/uranaisandou/archives/50636455.html

2006年06月29日

釣書(身上書)の書き方釣書・お見合い記事関連サイト大学生のお見合い体験談

大学生のお見合い体験談

本日は「釣書」で検索したら偶然見つけたページをご紹介します。

「マダムのちょっぴりSTORY」さんのページで
爆笑!お見合い体験(1)というスレッドを拝見させていただいたのですが
まだお見合い結婚が多く行なわれていたときの
体験談が書かれています。

大学4年生でお見合いというのは、今はあまりないようですが
学生でもお見合いというのが一般的に行なわれていたのですね。

URL
http://ameblo.jp/madamadame/entry-10014067444.html

2006年06月22日

釣書(身上書)の書き方釣書・お見合い記事関連サイト釣書に写真がない?

釣書に写真がない?

普通、お見合いをするときに、釣書を書くときは
顔がわかるように写真があるというものだと思ったのですが

写真が無いお見合い・釣書の記事を見つけたのでご紹介しますね。

「どーなる?!お見合いの行く末」さんの『釣書』交換 という記事で掲載されていたのですが
相手側の釣書に写真が入っておらず、
こちらも写真なし釣書を送付してお見合いをされているという話が書かれていました。

こういうお見合いもあるのですね。

URL
http://blogs.yahoo.co.jp/yoku_forest/8398539.html

釣書(身上書)の書き方釣書の疑問両親が亡くなった場合の釣書の書き方

両親が亡くなった場合の釣書の書き方

過去記事、「釣書には何を書く?(釣書に書く項目)」で
家族構成などを書くという話を書きましたが、
不幸ながら、ご家族が亡くなっているという場合とかもありますよね。

このような場合、釣書には、例えばお母さんが亡くなっている場合

「母:氏名 ●年●月●日逝去」

というように記入すればよいようです。
posted by ぷりん at 12:01 | Comment(0) | 釣書の疑問

2006年06月20日

釣書(身上書)の書き方釣書の書き方釣書には何を書く?(釣書に書く項目)

釣書には何を書く?(釣書に書く項目)

釣書には何を書くか?
釣書で一番気になるのはこの部分ではないでしょうか。

釣書とは就職で言うところの履歴書のようなものなので
自分のプロフィール全般を書くものです。

まず、「氏名」、これは当たり前ですね。
それに、「生年月日」。

自分がお見合いをすれば、当然相手の年は気になるものですから
「生年月日」、これは必須です。

他には履歴書でも書きますが「現住所」「学歴」
これらも必要でしょう。
(「本籍」も必要ですね。免許書とか住民票に自分の「本籍」が載っているはずです)

現在どこに住んでいるのか、とかは
普段会うときも大事な情報ですし、
学歴も話のネタになることもありますね。

それとお見合いをする方は(男性の場合は特に)当然社会人の方がほとんどでしょうから
「職歴」こちらも必要ですよね。

過去にどのような仕事をしていたかということ、
また今現在どのような仕事をしているか、
結婚するときに、お互いのことを知る必要があります。

他に、「趣味」ですね。

趣味があうかどうかがお見合いや普段の話があうかどうかといっても過言ではないですし
まず、お見合い相手と相手と話をするときに、「趣味」が一番話題として話しやすいでしょうから
「趣味」の欄は必須だと思います。

またこの時に「趣味」は当然相手から、いろいろ質問が想定されますので
ウソの趣味は書かないようにしましょう。
(本が好きでもないのに、「読書」と書いてしまったりしないように)

あと、「家族構成欄」というのをつくり
両親や、兄弟の氏名や、生年月日を書いておくのが一般的のようです。

他にあってもよいと書かれていたのが
「身長・体重」「特技・資格」なども書いておいてもよいようです。

女性などだと、「体重」を書くのに少し抵抗があるという方がいらっしゃると思うので
特に必要がなければ書かなくても良いとは思うのですが。

それと、確かに「資格」については
相手がどのようなことが得意かということがわかりますので
あれば釣書に書いておいてよいかもしれませんね。
posted by ぷりん at 13:43 | Comment(0) | 釣書の書き方

釣書(身上書)の書き方釣書の疑問釣書はワープロやパソコンで書いてもよいの?

釣書はワープロやパソコンで書いてもよいの?

釣書を書くときに字の自信にない方は代理の方に
書いてもらうこともできるという話を書きましたが
(過去記事「釣書とは誰が書く?」)
ワープロやパソコンで書いても良いようです。

ただ、できれば万年筆かボールペンで書くのが望ましいらしく
代理に頼める人もいなく、字の綺麗さにも自信がないという場合のみ、
パソコンやワープロを使用したようが良いかもしれませんね。
posted by ぷりん at 12:25 | Comment(0) | 釣書の疑問

釣書(身上書)の書き方釣書の疑問釣書は誰が書く?

釣書は誰が書く?

釣書は、一体誰が書くの?
本人?それとも両親?
お見合いをもってきた人?

そんな疑問に思うことありますよね。

釣書は基本的には「本人」が書くもののようです。

しかしよくよく考えれば当然ですよね。
本人のことは本人が一番わかっているわけですし
自分のプロフィールを書くわけですから
他の方が書いて、本人の納得のいくものでない釣書が
お見合いの相手側に言ってしまいましたら納得もいきませんものね。

一つ気になるのは、字の綺麗さに自信がない方です。

私もそんなに字の綺麗さは自信がないのですが、
そういう場合は代理で他の方に釣書きを書いてもらうということもできるようですね。
posted by ぷりん at 11:51 | Comment(0) | 釣書の疑問

釣書(身上書)の書き方語源の語源釣書の語源

釣書の語源

釣書の語源とはどのようなものから来ているのでしょう。
釣書の語源を調べてみました。

釣書の語源は「縁談の相手同士を、お互いを平等に対等に土俵にあげて、
釣り合いを取るための書面という意味」から来ているようです。

お相手を釣るための書面と言われることもあるようですが
これは間違いとのことです。
でも、「相手を釣るための書面」ってちょっと見方によっては失礼ですよね(笑)

私も釣書の語源を知りませんでしたので勉強になりました。

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%A3%E6%9B%B8
posted by ぷりん at 11:05 | Comment(0) | 語源の語源

釣書(身上書)の書き方お見合いが減少した理由お見合いが減少した理由

お見合いが減少した理由

釣書のことを書いたときに、
お見合いの数が減少してきたという話を書きましたが
何故、お見合いが減少してきてきたのか
記事がありましたのでご紹介しますね。

boseさんのC-bose Laboratoryのサイト
「結婚観〜テレ東 日経SP・ガイアの夜明けより」
に掲載されていましたが

最近の結婚の状況として職場結婚とお見合いの減少しており

・理由は男女の価値観の違いが大きくなったこと、
・男性が保守的であること
・一方女性はアクティブになったので結婚相手として見れない
・上司はプライバシーの侵害になるので見合い相手の紹介や世話をしなくなってきたということ

が挙げられるようです。

ちなみに私もこの番組と、この回をすべて見ていたので
放送の内容も覚えていますが、そのようなことであったと記憶しています。

参考URL
http://blog.c-bose.com/?eid=160175
posted by ぷりん at 10:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | お見合いが減少した理由

釣書(身上書)の書き方釣書とは釣書はどのようなときに書くか?

釣書はどのようなときに書くか?

釣書はどのようなときに書くか?
ということですが、これは「釣書(つりがき)とは?
でも書いたのですが、縁談のときに使われたりします。

もっと具体的に言いますと、お見合いの時ですね。

昔に比べると、お見合い結婚の数は減ってきましたが・・・

それとお見合いが減ってきた理由について、
こちらも理由があるようなので次回掲載いたしますね。
posted by ぷりん at 09:16 | Comment(0) | 釣書とは

2006年06月19日

釣書(身上書)の書き方釣書とは釣書(つりがき)とは?

釣書(つりがき)とは?

釣書とは、一体なんでしょうか。
釣書の書き方を検索された方はご存知でしょうが
釣書が何であるかがわからない方もいらっしゃると思いますので
説明しようと思います。

釣書とは縁談などの際に取り交わす身上書のことを言います。
読み方は「つりがき」と読みます。

なお、infoseekの国語辞典で調べてみましたところ、
「縁談などの際に取り交わす身上書(しんじようしよ)。つりしょ。つり。」
という説明が書いてありましたので、つりしょとも読むようですね。

「Happy-go-lucky ♪」さんのページでも
釣書についての説明がありました。

URL
http://blog.so-net.ne.jp/gamushara/2006-06-20
posted by ぷりん at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣書とは